夏の虹芝寮整美2019年

西黒沢橋は土砂に埋もれていたが、すっかり取り除かれていた。橋の両側は深く掘られている
重たい荷物を歩荷してマチガの橋を渡る、落ちないように慎重に
ずっしり肩に食い込む荷物、車が横付けできない山小屋は人力だけが頼り
橋のない川も慎重に足場を探す、滑りやすいので一歩一歩確実に歩を進める
72歳西田さん、煙突の入った大きなダンボールの歩荷を担当
ステンレス煙突、I型9本、L型2本、H型1本
令和元年7月8日からの薪の搬入に備えて薪ベッドの準備、一列に並んで草むしりからスタート
食器の煮沸と台所の掃除は渡邊ももさんが担当
薪山に大ナメクジを発見
70kg超の岩を運ぶ、この岩は寮に向かって玄関左側に鎮座している
食器の煮沸を行いなかなか落ちない油分も完全に除去する
朝はベーコンとレタス、食パン。担当ワンゲル学生さん
お世話になった道具たちに感謝しながら美しくする
床をデッキブラシで磨きぬめりを落とす
薪ベッド新しくなりました、ここに薪500束を置く。ブルーシートが掛かっているのは現在の薪
みんなで力を合わせました、頼もしい仲間たち
夏の虹芝寮整備で見られるギンリョウソウ、新道沿いにひっそり咲いている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください