虹芝寮祭2019

今年度の虹芝寮祭は、10/26(土)~27(日)に行われました。

森林総合研究所で登山道に関する行政上の諸問題を研究されている平野悠一郎先生をゲストにお招きして「登山道は誰のものか」と題するご講演をしていただき、また会員で筑波大学大学院山岳科学プロジェクトに在籍している佐藤大輔君からは東アジアからのアウトドアスポーツを目的としたインバウンドの実態と課題に関する報告をしてもらい、少人数ながら薪ストーブを囲んで秋の夜長を楽しく過ごすことが出来ました。

平野悠一郎先生「登山道は誰のものか? -日本の現状および海外との比較-」レジュメ(PDF:5.7MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください