令和3年雪下ろし


 令和3年(2021)2月12日(金)~14日(日)
 
踏高会 柿沼 恭介、西田 悠一
石楠花会 松浦 圭、村上 英之、西岡 幸祐
2/12(金)9:00土合山の家集合
工事車両が入り、河原でユンボが唸っている
西黒沢で具足をつける
ロープウェイが休止なので滝音が静かに響く
武能岳や蓬峠を眺める
マチガ沢東屋にキノコ雪
久しぶりの山行、ペース上がらず
マチガ沢は渡渉を避ける
トマノ耳
マチガ沢河岸段丘を目指す
ブナ林を行く
ウサギの足跡
一ノ倉沢の雪原
一ノ倉沢
幽ノ沢
小さな雪崩が春を告げる
虹芝寮に到着
寮の南側に風の通り道が
1階入り口雪の階段
屋根に積もった雪
雪をブロック状に切り出す、重たい重たい
堅炭岩
OB差し入れの和牛ステーキ
OB差し入れの和牛ステーキ
2月13日(土)快晴無風
まだまだたくさんあります
屋根の下に氷の部屋がある
雪下ろし2日目午前中終了
OB差し入れのハンバーグ
絶品松坂牛ハンバーグラーメン
虹芝寮は静か
コーヒータイムおやつの時間
バレンタインなので自家製ブラウニーを持参
2月14日16:37 終了
夕闇迫る成蹊スロープの硬い雪面になんとかシュプールを刻む
OB差し入れの飛騨牛
地震の影響でスキーが倒れていた
芝倉沢出合から湯桧曽川の流れ
6:40モルゲンロート観察
モルゲンロート 芝倉沢から
芝倉沢から武能岳
武能岳東尾根末端が雪崩れる
土合山の家でいただいたお餅
そろそろ退寮
雪は締まっている
ゼニイレ沢をバックに一服
絶景なり
湯桧曽川渡渉ジャンプ
川に挟まれた真ん中を歩いてきた
行きにはなかった、松の木沢のデブリ
たったひとつ見つけたフキノトウ
土合山の家に無事に到着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください